LPガス、灯油、ガス器具、住宅関連機器の販売、リフォームのことなら伊吹石油ガスへ。
お問合わせ
伊吹石油ガス

お役立ちページ

ガスの臭い・警報器が作動した 地震がきたら ※震度5以上の地震でガスは止まります

ガスの臭い・警報機が作動した

 

ここでは、いざという時のガストラブル対処法を紹介しています。

まず何らかのトラブルがあった時でも、 あわてず落ち着いて対処しましょう。
ガス漏れの場合には24時間対応しています。

大地震が来たら

絶対にしてはいけないこと

LPガスが吹いている場合には素手で触らない

 

 まずあり得ないことですが、ボンベ等に接続しているホースが破損したりして、LPガスが吹いていることがあります。これは高圧の液体が急激に気化している状態なので、バルブ、容器などが急激に冷やされています。

 素手で触ると、手が貼りついてしまいます。

消防関係の方に依頼するか、私たち業者にお任せください。

 

まずは、ご自分の安全確保を

 

 大きな地震がきたらまず大切なことは、ご自分の命を守ることです。地震は1度だけでなく、その後余震が続きます。せっかく屋外へ避難できたのに、家へ戻って余震で被害にあうことがないように、おちついて行動してください。
 震度5以上の地震があると、皆さまのご家庭に設置されているマイコンメーターが自動的にLPガスを遮断しますので、地震直後にガステーブルなどの機器類を無理して消火する必要はありません。(身の安全の確保を優先させてください。)

安全が確保できたら

ひと段落ついて、安全が確保できるようになってから、念のために次のことをお願いいたします。

使用中だったガス器具は、消火の操作をしてください。
 給湯器などは、停電になれば、通電するまで点火できないものがあります。そういうものはそのままでかまいません。ガステーブルなど、つまみを点火位置にあわせるようなものだけ、元へ戻してください。
器具栓、元栓を閉めてください
 最近では、ゴムホースではなく、金属の配管になっていて、器具栓、元栓がわかりにくくなっています。分かる範囲でお願いします。
ボンベのバルブを閉めてください
 時計と同じように右にまわすと閉まります。(バルブにも書かれています。)

震度5以上の地震

 震度5以上の地震があると、被害は無くてもマイコンメーターが自動でLPガスを遮断します。被害が無いようでしたら、マイコンメーターの遮断弁スイッチを押し(2秒程度)、赤ランプ点灯が確認できたら手を離してください。マイコンメーターがガス漏れをチェックし、問題なければガスが使用できる状態へ復旧します。

 

 再び遮断してしまったら、どこかにトラブルがありますので、当社へご連絡ください。