LPガス、灯油、ガス器具、住宅関連機器の販売、リフォームのことなら伊吹石油ガスへ。
お問合わせ
伊吹石油ガス

LPガスよもやま話

LPガスの特徴
LPガスよもやま話 LPガスの特徴

 

 

 

 

 

空気より重い、臭いがつけてある

 LPガスは、空気より重い気体です。ガスが漏れた時には、低いところや、風通しの悪いところにたまる性質があります。そのため、LPガスのガス漏警報器は、器具の近くの低い位置に設置します。

 LPガス自体は無色無臭ですが、ガス漏れがわかるように、臭いをつけてあります。その臭いは、なぜか、タマネギが腐ったような臭いです。そんな臭いがしたら、ガス漏れがないか確認してください。 

火力が強く料理が美味しくできる

 焼き鳥や、うなぎなどは、炭を使うことがありますが、LPガスも使われているように、業務用の調理には、ガスが多く使われています。しかもLPガスは都市ガスよりもカロリーが高いので、より強い火力が得られます。

器具や設備が安い

 LPガスは、ボンベに入れてお届けします。お客様は、必要な時、必要なだけ自由にお使いいただくことができます。

 灯油は、ポリ容器や金属製のタンクが必要です。また、太陽熱や電気の場合、お湯を蓄えるタンクが必要になるものもあります。

 

 LPガスは、容器も、お湯を蓄えるタンクもいりません。器具もホームセンターなどでも売られていて、比較的安く購入できます。

 

 家庭で使うエネルギーは、ライフスタイルによって変化します。一人暮らしのご家庭と、お子様がいるご家庭、成人したお子様が同居しているご家庭、ご夫婦だけのご家庭では、それぞれ、エネル器具や設備が安いギーの使用量も、最適なエネルギーも異なります。

 たとえば、親と一緒にお風呂に入っていた子供が大きくなると、一緒に入らなくなるだけでなく、朝シャンをしたり、1日に何回もシャワーを浴びたりします。使用量は大きく増加します。

 また、老夫婦だけになった時には、お風呂や煮炊きも少なくなり、高額な器具は不要になるかもしれませんし、年金暮らしで、高額な器具を買う余裕がなくなるかもしれません。

 

LPガスは器具や設備が安いので、ライフサイクルの変化に他のエネルギーより柔軟に対応することができます。 

地震に強い

 ほとんどのLPガスは、戸別にボンベで供給されていますので、地震があっても建物やその配管に被害がなければ、比較的早く復旧させることができます。

 

 特に、病院や避難場所となる学校などは、LPガスを使うようにしておけば、地震があって都市ガスが遮断されても、その建物と配管に被害がなければ、LPガスなら短時間で復旧が可能です。患者さんや避難してきた皆さんの不便がだいぶ緩和されます。

 

 平成16年10月23日の中越地震の時も、戸別供給ですから、被害が少ないところから順次、復旧することが可能で、電気、水道、都市ガスより早く、11月10日時点でほぼ復旧を完了したそうです。また、家屋の修理後でないと配管補修ができないお宅も、小型容器を利用して暫定的に使用できるようにしたそうです。 

頑張って安定供給

 電気や都市ガスのように、電線や配管で供給される燃料は、比較的無理なく安定供給できますが、それ以外の戸別にお届けする燃料は、無くなったらご注文いただくのが本来の姿ではないでしょうか。

 しかし、そんなことを言っていたら、LPガスをお使いの多くのお客様に、ご不便をおかけしますので、いつでも必要な時に必要なだけガスをお使いただけるように、毎日毎日私たちは努力と工夫を重ねて、ガス切れがないようにしています。

 

 さらに、仕入先についても、安くても安定供給できないような業者は選ばないようにして、皆様にできる限り、ご不便をおかけすることのないよう頑張っています。

地球に優しい

地球に優しい LPガスは、他の燃料と比べて、オゾン層の破壊や地球温暖化や酸性雨の原因となるCO2やNOXの排出量が、少ないそうです。

 

 ただし、LPガス自体が発生するCO2やNOXだけでなく、運搬やその器具を作るために発生するCO2やNOXを含めた総排出量が問題になるわけですが、それでも、LPガスは地球に優しいエネルギーとして期待と注目をあびているそうです